鎌倉の出会いに触れることができません


鎌倉の出会いが非常に不愉快なモヤモヤを取り除きたいとしても、それは私の胸の後ろにあるので、私はそれに触れることができません。
少年はモヤモヤによって嫌な口に握られたナイフを立てた。それが痛いが、モヤモヤは姿を消した。
モヤヤモヤは、望みどおりに行かなかったことがあるときはいつでも、別の場所から爆破した。
私はそれに気がついたら多くのナイフがつまっているのを見つけました。
鎌倉の出会いは当時痛みを感じなかった。
結局のところ、少年は強く憧れました。私が痛みを感じない胸の中で自由と場所を求めると、少年は結局自分自身を自分自身と呼んだ。

鎌倉出会い
一人で動かすことができない車が7台から8台あれば、私は簡単に転がすことができました。
私はより強くなった。私は嘆かわしい人を見たとき、私の胸の後ろが少し軽くなったと感じました。

裸の王はすべてが可能であると考えました。しかし、私は自分自身を言ったとき、私はいつも一人で感じました。

神鎌倉の出会いは人の使用を送った。

その胸の真ん中に痛みを感じました。

少年は胸の真ん中に心臓があることを思い出しました。

コメント