鎌倉の出会いで中毒になるので好きです


「女の子の生活」から
鎌倉の出会いはもうしばらく中毒が好きです。幼い頃から、私のおばあちゃんは私のために大木と大福を用意していました。それはハードコアの愚かな愛です。

神戸生まれ、大学で初めて東京から出てきたのは甘いものです。最初は果物のパフェでした。私の好きな果実のパフェの店のいくつかが鎌倉の出会いの万道のように姿を消した。私はすでに名前を忘れていましたが、飯田橋にも私のお気に入りの果物のパフェがありました。

飯田橋はおいしいお店がたくさんある街です。

鎌倉出会い

私は竹橋の商社に入社してレジャーを見つけ、飯田橋に行きました。だから、私は世紀の良さに出会った。今は建物のようなお店ですが、当時は庭がある日本の家でした。

おいしい鎌倉の出会いは色が違う。それは紫色のように見えます。私が会った時、それは衝撃的だった。私がアンコバを食べたときの甘い豆は素晴らしかったです。私の好きなものは、豆ペーストのアンコ豆ペーストです。

神楽坂はもともと色彩の店や芸者が多い街だった。甘いものが好きな若い芸者が私を連れてきて、夫は甘いものに行く。飲むことに関しては、鎌倉の出会いは実際に重いです。私はアンミツから様々なことを引き出すつもりです。

 

コメント