渋谷の出会いを最後にもう一度

渋谷の出会いは思考する力を吸い、頭をさまよう頭で身に付け、靴を履いて、バッグを持って、突然抱きしめられました。

最後にもう一度、私は強く私の唇を吸って、渋谷の出会いのバッグを落として、そして私の腕を首の周りに向けました。


その夜、私は一人で行ったセンダールと一緒に、私の手の中に再入国のスタンプを押されました。

渋谷 出会い

お湯の熱い肌には夜風が楽しいです。手の甲には何も見えません。

私の暗い部屋の中で、私はキスの跡をあなたの体になぞらえ、無数の淡い光を想像しながらゆっくり歩きながら他の人々を抱きしめます。

渋谷の出会いは帰りたくありません。私は家に帰りたくない、希望したくない、毎日繰り返す。

それはおそらく私の人生の最後の日、私が最もキスをした日、最もキスをした日でした。
疲れない週末。
今週は本当に大変な一週間でした。

コメント