永遠に聴いていた渋谷の出会い

でも多すぎて、明日にはまた違う選曲になっているだろう。

渋谷出会い


この1ヶ月はデヴィッド・ボウイ漬けだったわけだけど、
世界中の多くのファンのように
オレにとっても渋谷の出会い
デヴィッド・ボウイは永遠のアーティストになりました★

『 この日を忘れてたf(^^; 』 


写真を表示渋谷の出会い
『ハートブレイク・ホテル』エルビス・プレスリー(1956)

60年前、1956年1月27日リリースの
エルビス・プレスリー全米メジャー・デビューシングル。

当時ラジオから流れてきたこれを聴いて「全身に電流が走った」人間がいったいどれくらいいたのだろう??(#^.^#)


少なくとも60年代にデビューしたアーティストは言うまでもなく、渋谷の出会い
そこからそれが現在まで繋がっていることはどんなアホでもわかるf(^^;


ロックの始まりは諸説あるけれど、
エルビス・メジャー・デビューで区切れば還暦を迎えたロック、
おめでとうございます(#^.^#)
 買ったぜ、エイミー 』 


写真を表示
『THE COLLECTION 』エイミー・ワインハウス

去年末にリリースされたアナログ盤8枚組のボックスセット。

なにしろ生前のオリジナル・アルバムは2枚しかないから、これはおもいきった企画だと思う(#^.^#)


この中で印象に残ったナンバーは
「You Know I'm No Good」のアコースティック・ヴァージョン。


そう、エイミー・ワインハウスはダメダメな女だったかもしれない(*_*;

でも渋谷の出会い
まだまだ彼女の歌が聴きたかった(*_*;

 

まあ嘆いても仕方ないから、
今世紀、これから彼女のようなアーティストの登場に期待します(。>д<)
 ようやくわかってきたロック 』 渋谷の出会い


写真を表示
「ラブ・ソングス」エルビス・プレスリー渋谷の出会い


20年前、
いや、少なくとも10年位前まではエルビスの音楽は1950年代が最高だと思っていた。

コメント