渋谷では不便な出会いをイメージしていた

市郊外の渋谷のおじをイメージして、「日本製品は販売されていません」と書かれた手書きのステッカーが店に貼られ、店の棚には飲料水の渋谷がありました。それは「ポカリスエット」のようなものでしたが、不便な部分を隠しています。
作家は若者地区の「新村」に住んでいますが、近くのスーパーやコンビニでは

渋谷 出会い

、朝日と札幌がそのまま売っています。昨夜突然雨が降ったタクシー運転手は、「杉乃井を知っていますか?」と言いました。 「九州と別府の有名な渋谷…」と「来月、夫と妻と一緒に出かけます」と言って、温泉で会話が途切れました。
「スピーチ」と呼ばれる日本のメディアは、もともと「あるべき姿」理論を愛し、啓発、説教、扇動に優れています。したがって、最近の日本での非購入キャンペーンは、「自発的」、「拡散」、「延長」を強調しています。 "そのはず"。 (黒田勝博「ソウルから夜望せよへ」)
誤解があったから
作りましたが
わだかまりと恥ずかしさ
すぐには消えません。

コメント