渋谷の出会いでは頼んだことをするだけです

忘れずに渋谷の出会いを作れると思った

唯一

私はHが私に夢を見るように頼んだことをするだけです...
「渋谷の出会い…その夜の夢…」
声が聞こえなければ夢をあきらめる

校長に言った

その夜でした

私は夢を見ました

この渋谷の出会いは誰だ...遠くから私を見て

そして近づいた

私の前に来た人の顔を見て、どこかで彼を見た。

人は何も言わずに笑顔で私を見ていました

私は聞いた

ええと...あなたは誰ですか?

口は開いているが声がない

どういうわけか口の動きで

「わかりました。大丈夫です。」

そして姿を消した

コメント