出会いの相談したところ渋谷に来てくれました


出会い、いつでも拾っても大丈夫だと思うようになりました。私は自分の周りのすべてのことをすることができますが、私は85歳です。庭の除草も面倒です。

いろいろ考えて、家を処分することにしました。家を破壊し、公園を作り、街に寄付します。その名も東里山公園。

出会いの坪山さんに相談したところ、助けてくれるとのことでした。彼は小さな建物の名誉会長です。私は今働いていません、ただ私の名前です。

坪山の会社から重機を借りて家を破壊し、一緒に公園を作り始めました。鉄棒、ブランコ、スライド、砂場、ベンチ、水飲み場などを設置しました。

出会い働いていた。たまに坪山の会社の若者が助けに来てくれました。

半年後に公園が完成したので、市に寄付しました。私は施設に引っ越して、毎日のんびりと暮らしています。

たまに公園を見に行きます。子どもたちが笑顔で楽しく遊んでいるのを見ると嬉しいです。

コメント